home > ワーキングホリデー留学 > カナダ・ワーキングホリデーについて

ワーキングホリデー留学

ワーキングホリデー留学

カナダ・ワーキングホリデーについて

概要

短期体験語学留学 一般コース

2009年度の改定により年間10000人の日本人がカナダ・ワーキングホリデーへ参加できるようになりました。カナダ・ワーキングホリデーは18〜30才を対象に最長1年間カナダに滞在でき、仕事をしながら旅行したり語学を学んだりできます。カナダでの滞在を通して異文化に親しみ、日本とカナダという国について理解を深める良いチャンスです。大自然のあるカナダで有意義な生活を送ってみませんか?カナダでの仕事体験、シェアハウスでのカナディアンとの共同生活、地域ボランティア活動への参加など日本では味わえない体験でいっぱいです。

弊社ではワーキングホリデーを希望されている方の全面的なサポートしています。申請方法、学校探し、滞在先の紹介、現地サポートまで、お客様の不安をすべて解消いたします。どのような不安でもまずT&Dへご相談ください。

カナダ・ワーキングホリデーの条件

年齢

18歳以上30歳以下

申請のタイミング

出発の遅くとも3ヶ月前

ワーキングホリデープラグラム参加費

150カナダドル ※プログラム参加費は大使館レートの変更により換算額が変わります。

語学学校可能期間

6ヶ月以内

カナダ・日本ワーキングホリデープログラム募集要項

ビザ有効期間

1年間

募集人数

10000人(人数を満たした時点で募集打ち切り)

参加資格

  1. 日本国籍を有する人
  2. 最長1年間カナダで休暇を過ごすことを本来の目的とする人
  3. 申請書受理時点で18才以上30才以下の人 申請時に30才以下であること。出発時に31才になっていても問題ありません。
  4. 以前にこのプログラムに参加していない人
  5. 有効な日本国パスポートを持ち、往復航空券の所持または購入できる人
  6. 滞在を希望する期間、医療費を含めて生活に必要な資金を有する人 入国時に生活費および、片道航空券で入国される方は帰国に必要な旅費を持っていることを証明する必要があります。最低50万円が目安です。
  7. 150ドル相当のプログラム参加費を払う人
  8. 常識があり、健康で性格善良な人
  9. カナダで仕事が内定していない人

申請方法

申請書キットの簡単な入手方法

  • カナダ大使館のウェブサイトからダウンロードする。
  • カナダ大使館図書館へ取りに行く
  • 規定の返信用封筒を同封し、カナダ大使館宛てに申請書キットの送付を依頼する。
  • 日本ワーキングホリデー協会に取りに行く。

提出書類

  1. チェックリスト
  2. ワーキングホリデーアンケート用紙
  3. ワーキングホリデープログラム申請書
  4. 6ヶ月以内に撮影した写真2枚(45mm×35mm)
  5. パスポート写真の付いたページのコピー 写真規格については申請書キットの中に詳しく記載されていますのでご確認下さい。
  6. プログラム参加費(PPF)振り込み控えの原本
  7. もし、ワーキングホリデー就労許可発給通知をEメールで受けたい場合はその申請書。Eメールで受け取らない場合はご自分の住所、氏名を記載し90円切手を貼った返信用封筒(12×23.5cm定期最大サイズ)を同封する。
  8. 申請書類が大使館に届いたという連絡を受けたい場合、ご自身の住所を記入した官製はがき(希望者のみ)

プログラム参加費

150カナダドルを大使館レートで日本円に換算した金額 プログラム参加費の銀行振り込みについては申請キットの中に詳しく記載されています。振込人の氏名欄の書き方など細かい指示がされていますのでくれぐれもご注意下さい。

申請のタイミング

通常、申請から許可書の発行まで2ヶ月程度かかります。時期によっては手続きに時間がかかる場合がありますので、なるべく早く申請をしましょう。

申請書類送付先

〒107-8503
東京都港区赤坂7−3−38 カナダ大使館広報部「2008年カナダ/日本ワーキングホリデープログラム係」まで
必要書類が全て揃っていない場合は返却されますので、くれぐれも不足なよう送付前にご確認下さい。

※申請については、お気軽にこちらまでご相談下さい
※詳しくはカナダ大使館ウェッブサイトでご覧頂けます。